|  TOPキャンプ公園雑記帳(コラム)更新履歴リンク Blogプロフィールメール

  
TOP雑記帳(コラム)> 2006年08月【コラム番外編 富士山 登山日記】

富士山 登山日記

 
 
 

富士山 登山日記(2006年08月20日)


いつもお世話になっている藤が丘にある”煙の下”のマスターが主催する富士山登山に行ってきました。 毎年、この日はさきがハマこい参加の為にカメラマンとなり同行するのだが、今年はちょっとお休みを したいとのこと。実はこの煙の下のトイレに行くと「富士山登ってみたいなぁ」と思っていました。 それは、トイレに過去の写真が飾ってあり、行く気にさせるのだった。(笑)そして参加してしまいました!(爆)

富士山 登山日記 (2006年8月20日 : 天気 登り晴れ、下り曇り弱雨 )

集合は藤が丘駅前ロータリーです。もうみんなやる気マンマン!(笑) あっという間に5合目に到着です。寝る暇もありませんでした。(爆) 夜中ですが、売店は開いていました。無条件に金剛杖を購入です。(笑)
お決まりの記念撮影。頭に巻いている手拭いは”煙の下”軍団の証しです。
撮影:ドクさん
集合写真です。今回は80名の老若男女が参加されました。 で、ヘッドライトを頼りに、てくてくと歩いて行きます。最初はなぜか下り。 おまけに登山道ではなく、単なる林道...(爆)あっという間に6合目です。
夜間でも分かり易いように標識が光るようになっています。さすがに迷う人は いないかと... 次の7合目に向かって歩いていると少し太陽が出て来たようです。しかし、 まだまだ真っ暗です。 意外とハイペースであっという間に7合目に到着です。ドクさんはチョコと栄養 ドリンクを購入していました。お決まりの焼き印もしてもらいました。200円なり。
そろそろ日の出です。空が紫色でとても綺麗でした。晴れていなかったらテンションは 相当に下がっていたことでしょう。(笑) 売店にはいろいろなモノが売っています。キャンプ場の管理棟以上に揃って いますね。(笑)でも、全て富士山特別価格です!(爆) 本当に綺麗な日の出です。これを見るだけでも富士山に登る価値は十分にあります。
太陽を背負いながらひたすら登ります。この辺りはまだ緑が見えますが、もう少しすると 岩場のみとなります。この辺りの登山道はそれほど渋滞はしていません。 途中、煙の下チームの皆さんと記念撮影。みんな元気ですね。 雲の上からご来光です。どこかの山小屋のおにいちゃんは、万歳三唱しておりました。
こちらは、中央アルプス、北アルプス方面を見たところです雲と山と空のコラボレーションが 素晴らしいですね。 7合目も過ぎると結構きつくなるので、休憩しながら登っています。 もう緑はありません。上を見ると岩場と青い空しか見えません。(笑)
ようやく八合目が見えてきました。しかしこれまた遠いんですよ...(苦笑) 相変わらず景色が素晴らしく綺麗です。見ているだけで癒されます。(笑) 雲海と太陽と山です。とても幻想的ですね。
はい、ようやく八合目です。標高3100mです。 とある山小屋のメニューです。もちろん、値段は富士山特別価格です。(爆) この辺りは山小屋銀座です。しばらくこんな感じです。
ますます雲海が素晴らしくなってきました。この雲の下は... またまた休憩です。moveの方々もかなりキツイようです。 腹が減ってきたので持参したカロリーメイトを食べました。気圧のせいでこんなに パンパンになっています。(笑)
本八合目です。八合目は二つあるようです...意味がわからん...(爆) 本八合目胸突八丁3400mです。富士山ホテル...普通の山小屋です。(爆) こちらは下山道です。既に大混雑してます。(笑)下りはめちゃめちゃ単調です。
こちらはトイレです。チップ制で、100円を払って使用します。ちなみに、コンポスト トイレです。 下の山小屋と雲海、そして青い空です。 こちらは山肌と雲海と青い空です。ホント、綺麗な景色です。補正はしていませんよ。(笑)
ようやく山頂が見えかかっています。九合目までもう少し。 九合目付近の鳥居です。九合目の標識は見あたらない... もう少しで頂上。ひたすら登りますが、なんせ人が多いこと、多いこと。(笑)
時計に付いている気圧による標高を測っていますが、3432mを指しています。さすがに ちょっと動いただけで息がはあはあとなります。普通に座っているとわかりませんが... ちょっと登って休憩の繰り返し。空気の薄さというのが良く分かります。(笑) はい、頂上までもう僅か!ここまで来ればもう一息です。
ハイ!無事に山頂に到着しました!山頂には浅間大社があります! 山頂はとても賑やか!(爆)ほんと、山頂ですよ〜♪ インスタントラーメン一杯800円なり〜!日本一の山にはやはり日本一の値段の ラーメンですね。(爆)でも最高においしかったヨ〜♪この味は忘れられない。 きっとサッポロ一番です。(爆)
山頂ではこんな感じで火口の周りをぐるっと一周できます。おはち巡りなんて言います。 すげちゃん海パン&浮き輪で最高の夏を満喫しています。(爆)隣のお兄ちゃんは   スーツに麦藁帽です。(爆) 期間限定の山頂郵便局です。普通にポストもありますよ!(笑)
富士山山頂測候所です。もう使用されていませんが、ちゃんと残っています。 こんな立派な三角点、国土地理院が証明しております。(笑) 剣ヶ峰に登るまでちょっと大変でした。(笑)一緒に登った煙の下チームの面々と 記念撮影です。いやぁ、ほんと気持ちがイイ!サイコー!!!
火口です。見ていると吸い込まれそうです。(笑) 画像が小さくて分かり難いのですが、石で文字などを作っています。記念で作って いるんでしょうね。 下りは天候が悪いのと、左膝が痛くなったので画像はほとんどありません... 下りは売店、山小屋がありません。七合目にトイレがあるだけです。
そして六合目に到着。 六合目は登り、下りと同じコースなので人が多く、混雑しております。 登りと同じ道を歩きます。登山道を外れると林道を登ります。そしてゴ〜ル! 一緒に歩いたやっくん、お疲れさま〜!その後はビールで乾杯しました♪
■今回の登山を終えて

申込の期限ギリギリまでどうしようか非常に迷っていましたが、家族の賛成もあり参加することに決めました。 普段は階段で4階に上るだけでもひぃひぃ言っていますが、女性や子供でも登ることが出来るというのでなんとか なるだろうという気持ちでチャレンジしてみました。(笑)

高山病だけには気を付けなければならないので、呼吸法だけは途中何度も「吐いて吸って」を繰り返しました。 いろいろと調べてみると、この呼吸法、きっちりと吐くのがポイントだそうです。お陰で高山病には全くならず 無事に登頂することができました。七合目までは楽勝!八合目からは勾配、足場共にかなりキツく、おまけに ちょっと登るとハァハァという感じで空気の薄さがよく分かりました。(笑)

山頂に着くとこれまた人の多さにびっくり!(笑)また売店の値段にびっくり!(笑)紫外線はかなり多いです。 頭に煙の下チームの証である、オレンジのタオルを巻いていましたが、下山してからびっくり!日焼けがハンパ ではない!おでこがくっきりと白赤に分かれていました。(爆)

時間に余裕があったので有志の方々とお鉢巡りまでしてみました。剣ヶ峰、本当の山頂(3776m)まで登り、 記念撮影をしてから集合場所まで歩いて戻りました。そして地獄の下り...この頃から膝の痛みが出てしまい、 もうだましだまし下るしかないと覚悟を決めて下りました。(笑)

登りから一緒に歩いたやっくんには、下りもずっと一緒に付き合ってもらい、心理的にとても助かりました。(笑) 途中は何度も背中を向けて歩いて膝に負担がかからないようにしながらだましだまし歩きました。(笑)そして なんとか五合目まで歩き着くことができました。TOTALで、13時間30分ぐらいの行程でした。登りは、 6時間30分ちょっと、下りは4時間ちょっと、お鉢巡りは1時間30程度です。

全員が揃ってからお風呂に行く予定でしたが、帰りの時間が押してしまったこともありキャンセルに...帰りは バスの中でずーっと爆睡。着いてから打ち上げがありましたが、膝があまりにも痛かったのでキャンセルしました。 登り、下り共に一緒に歩いてくれたやっくん、moveメンバーの方々、そして企画してくれた煙の下の関さんに はとても感謝です。どうもありがとうございました!そしてお疲れさまでした!また登りましょう!(笑)
TOP雑記帳(コラム)> 2006年08月【コラム番外編 富士山 登山日記】
|  TOPキャンプ公園雑記帳(コラム)更新履歴リンク Blogプロフィールメール