|  TOPキャンプ公園雑記帳(コラム)更新履歴リンク Blogプロフィールメール

  
TOP雑記帳(コラム)> 2004年5月【渋滞について】

雑記帳(コラム)・2004年5月【渋滞について】

 
 
高速道路で発生する、自然渋滞について考察してみました。

2004年5月【渋滞について】

 
キャンプに行くときには、高速を使われる人も多いと思いますが、あちこちで渋滞にはまってしまうと 思います。何故、高速で渋滞が発生するのでしょうか?自然渋滞、事故渋滞、暴走族渋滞などなど..
事故渋滞、暴走族渋滞は原因がはっきりしているので、やむを得ないと思います。さて、自然な渋滞は 何故起きるのでしょうか?自然渋滞が発生するポイントは大体同じです。東名だと、下りが大和トンネル まで、上りだと綾瀬バス停近辺、中央道だと、下りが八王子IC先の小仏トンネル、談合坂SA、上り だと甲府の先、笹子トンネルというところです。
よく考えてみて下さい。これらの渋滞ポイントには共通点があります。そう、”ゆるい登り坂”なんです。 どうしてゆるい登り坂で渋滞するか?それは、スピードの低下に気が付かない、車間距離を開けて いないので前車のブレーキにつられて自分もプレーキングそして後続車も、また、トラックなどの低速車 が追越車線を平気で走っているので速い車が抜くに抜けない...要するに運転の仕方が悪い複数の 車の影響のせいなんです。
改善策は、各々が車間距離、スピードに注意しながら運転するしかありません。しかし、他のクルマの 動きが悪いとアウトです。(笑)逆に渋滞しないのは、深夜や早朝ですが、これはクルマの絶対数が 少ないからです。もし、高速道路を走る機会がある時には、ちょっと注意してみて下さい。また、渋滞に はまったら諦めてください。(笑)
   
TOP雑記帳(コラム)> 2004年5月【渋滞について】
|  TOPキャンプ公園雑記帳(コラム)更新履歴リンク Blogプロフィールメール